ころころヤギ

自己満足のためのチラシの裏ブログ。基本的にネタバレに配慮していないのでご注意ください。

十三支演義 偃月三国伝2 諸葛亮

諸葛亮

凄く好みです。諸葛亮は共通ルートの時点で好き。特に「自分を導いてくれ」と頼む劉備に対するピシャリとした返答が良かったです。

「私の知を、己の行動の言い訳にされてはたまったものではないのだよ」


もうこの台詞にやられましたね。この台詞を聴いた瞬間、諸葛亮好き!ってなりました。ちょろい。
ただ、その後あっさりと猫族の軍師になってくれますが、猫族の甘い判断を全て諸葛亮が肩代わりするという展開が続くので気の毒に。せっかく諸葛亮が立てた作戦も、子供を助けたい!とか住民を見捨てられない!とかそういう劉備と主人公の甘さで台無しにされるのが不憫でした。猫族の偽善のしわ寄せが全て諸葛亮に行っている……。

当然のように主人公と諸葛亮の関係は相性最悪から始まるんですけど、その時も容赦なく主人公に言いたいことを言ってくれるので気持ち良かったです。

「自分ならなんとか出来ると思っているのか!賢しらに些末な正義を振りかざすな!!」
「お前の行動は私を苛立たせる。私の想定通りに運ばないことにも苛立つし、何よりその偽善的な考えが気に入らない」


十三支の攻略対象たちは主人公の偽善的な行いを美徳と受け取って肯定してくれることが多いので、こうやって面と向かって叱ってくれる諸葛亮がとても貴重で新鮮でした。そして、最初は否定していた主人公の偽善に諸葛亮自身が助けられて、段々と頼るようになるっていう流れも良い。戦場で倒れた諸葛亮を担いで運ぶっていう場面が2回くらいあるんですが、そのどちらにもスチルがないのが惜しかったです。ここはスチル付きで見たかった……。
加えて、諸葛亮が主人公の偽善を嫌った理由は「自分には出来なかったことだから」というのが心にきました。自分に出来なかったことをさらりとやってしまう主人公だからこそ苛立つし、そんな自分にますます嫌気が差す。諸葛亮のトラウマ救済は「自分を信じることは難しいけど、お前が信じてくれるなら前を向ける」という優しいもので、凄く良かったです。諸葛亮ルートでは、お節介な主人公で良かった、主人公がこの子で良かったと思えました。そして、相性が最悪だった2人が互いの足りないものを補うように相性抜群になっていくという展開が良い。

「お前はそのままでいろ。お前の分まで私が人を疑ってやるから」


主人公は武で諸葛亮は知で互いを守るという関係性が好き。十三支の攻略対象ってみんな武力をもって主人公を守ろうとする男性ばかりなので、諸葛亮のようなキャラは貴重ですよね。
後方に控えている諸葛亮だからこそ、後日談では主人公の傷への複雑な感情が映えて良いな~、と。自分の足りなかった策と傷を付けた相手に向かうべき怒りの矛先が全て主人公にぶつけられる理不尽さにはニヤニヤしました。というかですね!あの諸葛亮に噛み癖があるっていうのが物凄く萌えなんですが!?猫族の主人公よりも人間である諸葛亮の方がよほど動物的っていうギャップの素晴らしさ。傷を付けながらも想いを伝えようとする諸葛亮の不器用な愛し方が彼らしくて凄く良い。それにしても、2は1と比べて表現が直接的ですよね。1が慎ましやかだっただけに、2での甘いシーンにはビックリしました。

しかし、諸葛亮を賢く描写したいがために他のキャラが頭を悪くされてしまった感が。特に曹操様がそうですね。元の三国志をちょこっとだけ知っているだけに、曹操軍が諸葛亮の策を鵜呑みにして赤壁の戦いに負けるっていう展開には悪い意味でハラハラドキドキしました。曹操様かなり情けないじゃないですかー。あと、赤壁前夜の「気分が良いから詩でも詠もう」「不吉な詩ですね」というやりとりにはめちゃくちゃ笑いました。いきなり詩を詠みだす曹操様の時点で噴飯ものなのに、ノリノリで詠んだ詩にダメ出しをされるなんてもうアレ。
猫族の助走版からの神風着火もシュールだったな~。しかも無駄に熱い。十三支の戦に突っ込みを入れるのは野暮なんですけどね!

周瑜に対する段階を踏んだ牽制も良かったし、「このど阿呆が」と辛辣に言い捨てるシーンにもニヤニヤしました。度々入る主人公の「何で私だけ睨むのよ!」って抗議もお約束で可愛かったな~。諸葛亮ルート、大満足です!

※「十三支演義 偃月三国伝2」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
スポンサーサイト

十三支演義~偃月三国伝~ 劉備

劉備
180_150_ryubi.jpg

中の人のショタボイスが熱演過ぎて、「喉を壊さないんだろうか……」と心配で劉備の声を聴くのは辛かったです。大体飛ばしてました。すみません。ショタボイスから青年ボイスまで中の人の色んな演技を聴けるので、そういう意味では楽しい劉備ルートなのかな。

呂布の「劉備ちゃんの頭は少しうにゃうにゃ」っていう表現が大好きです。頭がうにゃうにゃ……。劉備ルートをやるまでずっと私はショタ劉備の言動は全て演技なのだと思っていたんですよ!本当は頭が切れるのに子供のふりをしていたのだと!見た目は子供、頭脳は大人みたいな!なのに、実はそうじゃなかったなんて……。出兵や徐州を貰い受けようという重大な選択を劉備の一声で決めてしまうシーン、あれは全部頭がうにゃうにゃな状態でのものなのだと思うと恐ろしいです。夢か現か分からない頭でそんな重い決断をするなよ……。しかも、周りの猫族のみんなもみんなで「劉備様がお決めになったことだから」とすんなり受け入れるので余計に怖いです。猫族の劉備の持ち上げっぷりは異常。

猫族の劉備への信頼は偶像崇拝に近いんですよね。そして、呪いで成長出来ない劉備に「無欲で純粋」であることを押し付けている。世間と隔絶されてきた猫族には信奉が必要だったんだろうな、と思うと仕方がないことにも思えるんですけど。主人公もまたその中の1人で、自分の望む通りの姿でいてくれない劉備を否定しまうのが遣る瀬なかったです。

「君はまた無力な子供の僕に戻って欲しいの?そんな残酷なことを言うの?」
「僕だって同じ劉備だ。同じ劉備なんだ!どうして僕だけ受け入れてくれないんだ!」


劉備の叫びが痛ましい。まぁ、その後ちゃんと主人公は劉備を受け入れますが。その後、劉備を受け入れても「ここで流されては駄目だ!」と劉備の非道は止めようとする展開は良かったです。主人公って凄く流されやすいイメージがあったので、ここできっぱりと劉備を跳ね除けてくれて安心しました。流されてしまうバッドエンドもありますが。
しかし、直後の金眼の登場が酷かった……。なんだろう?あの展開。加えて、金眼を封印し直すのにまたもや劉備を生贄にしてしまうので、それで良いのか!?と思わないでもなく。劉備に理想と呪いを押し付けていたことをあれだけ後悔していたのに、「ごめんね劉備……!」で主人公は済ませてしまうんですよね。「一緒に呪いを背負うわ!」くらいは言って欲しかった……。劉備が呪いを再び身に宿すことをすんなりと賛成した猫族と主人公は、やっぱり劉備を偶像かなんかだと思っているのではないかと感じましたね……。劉備をひとりの感情を持った人間として見ていないだろ……。

あと、個人的に主人公と劉備の馴れ初めが恐ろしいです。猫族の長である劉備に見初められたから混血の主人公が村に馴染むことが出来た、劉備に救われたから主人公の全ては劉備のものって何それ怖い。神様に生贄に捧げられた娘って感じがします。それを良いエピソードのように語られても刷り込みへの恐怖しか抱けないというか。しかも、このエピソードからは劉備の威光がなければ混血を受け入れられなかった猫族の排他的なところと、盲目的なまでの劉備信奉が感じられるのであまり好きじゃないんですよね。村社会怖い。

しかし、「人間と仲良くなりたい」と無邪気な笑顔で言っていた劉備ルートの結末が人との断絶っていうのは虚しいものがありますね。物語の落としどころとしては仕方がないとは分かっているんですけど、それでも虚しいものは虚しいです。徳深いと称えられる本家とは逆に、人から蔑まれ恨まれ続ける展開こそが十三支劉備ルートの肝なのかな。

ちなみに私はオネショタ好きなんですけど、劉備ルートはそんなに……でした。色々美味しい設定だとは思うんですけどね!ヤンデレショタって良いと思うんですけどね!何故だかそんなにハマれず残念です。

十三支演義~偃月三国伝~ 張遼

張遼
180_150_cyoryo.jpg

張遼が呂布の伝言をそのままの女口調で伝える場面がちょくちょくあるんですけど、主人公が毎回無反応なのがおかしかったです。そこは突っ込まないのか!しかも、張遼も張遼で気にせず流しちゃうので、凄くシュールでした。ここは十三支的ギャグシーンなんだろうな。
なので、張遼が張飛口調を真似した時はちゃんと主人公も笑って反応してくれて安心しました。何故か私が安心した。良かった……。ここまでして無反応だったら張遼があまりにも不憫だった……。そして、同時に劉備口調を真似しなくて助かったな……!と安堵の一息。劉備口調はきっと事故るだろうから。しかし、劉備口調は模倣しないのに「ぎゅー」だけは真似する張遼があざとい。
あと、「吸ってーーー」の深呼吸ネタにもちょっとニヤッとしました。

張遼ルートは呂布の命令第一な人形が主人公との触れ合いによって段々と人間的感情を獲得していく……というのが肝なのだと分かっているんですけど、その変遷が薄味で物足りないんですよね。元々柔和な張遼に感情が芽生えてもそんなに代わり映えしないというか。感情が芽生えても芽生えなくても常にニコニコしてますし。その辺の微妙な差異を楽しめる程私は繊細ではなかった!
ただ、いつも笑みを絶やさない張遼が主人公に感化されて苦悩を浮かべるようになる展開は良かったです。

「呂布様は殺せと言う。貴方は殺すなと言う」
「呂布様は奪えと言う。貴方は守れと言う」


特に、この二律背反な台詞は印象的でした。しかし、この台詞を印象付けたいのか、終盤に全く同じことを言うのでちょっと鼻につくような気も。印象的な台詞は繰り返さないでええんよ……?

そんな風に心を獲得した張遼を新・張遼が全否定する場面が好きです。今まで張遼が一生懸命手に入れてきたものを、もう1人の張遼に不要だと言い捨てさせる意地悪な展開は良かった。まぁ、その新・張遼は主人公と旧・張遼の「愛の力」を見せつけるための踏み台でしかなかったんですけども。本当に愛の力を証明するための小道具でしかなかった新・張遼が可哀想……。同じ「張遼」なのに片や攻略対象、片や当て馬。主人公との間に愛が芽生えたかどうかでこうも扱いが違うのが不憫でなりませんでした。しかも、主人公たちはそんな新・張遼が嬲られている間に呂布から逃げるっていう。心の芽生えない人形は人形でしかないのか……。

正直、張遼ルートなのに呂布の言動を見ている方が楽しかったです。私は呂布好きなので。呂布を女体化しちゃうっていう十三支の設定は英断だったと!呂布って本当に酷いんですけど、それがお色気お姉さんだと何故か許してしまえるんですよ。ああ~お色気お姉さんだもんね~そりゃ裏切るわ~、みたいな感じで。しかも沢城さんボイス。素晴らしい!貂蝉との関係もガチ百合なのが挑戦的で良いと思います!というわけで、張遼・貂蝉・呂布の凸凹トリオは好き。
そんなお色気お姉さんの呂布から、私はどうしてだか「少女性」を感じちゃったんですよね~。少女ゆえの潔癖と倦怠と残虐性……みたいなものを。なので、男嫌いな呂布が張遼という男性型の人形を作ってそばに置いているってだけで萌えます。呂布はどんな想いで張遼を作ったのか。女性だけではなめられるっていう体裁もあったんでしょうけど、きっとそれだけじゃないと思うんですよね。主人公に張遼をとられて激怒する呂布の姿がまさしく「お気に入りのお人形をとられた少女」そのものでニヤニヤしました。

そんな感じで、張遼ルートはいまいち萌えられないどころか女性の呂布に萌えてしまうという結果に。張遼自身の萌えどころは分かりやすかったんですけど、私の好みを外れていたというか。あと、呂布の中の人の演技が凄すぎた。でも、猫族の胃袋を掴む張遼は可愛かったです。最後にはただの給仕係になっていて笑った。

十三支演義~偃月三国伝~ 張飛

張飛
180_150_cyohi.jpg

私、弟キャラが大好きなんですよ……。張飛ルートは「弟が姉に追いつきたくて背伸びをするんだけど、自分に何が足りないのか分からなくて焦りもがく」という私好みの展開でした。そうそう、弟キャラはこうでないと。

「弟ってすげー身近にいるっぽいけど実は案外そーでもねーんだよな」
「オレは今のままじゃ、ダメなんだ……」


誰よりも主人公のそばにいるのに、誰よりも近いからこそ意識されない。そんな張飛の辛い(でも、同時に心地良くもある)想いが吐露された台詞の数々にはニヤニヤさせられました。青い春真っ只中な張飛がいじらしい……。加えて、いちいち言葉を伸ばす頭の悪そうな言葉遣いが良かったです。口調は馬鹿っぽいのに、浮かぶ表情は憂いを湛えたものというギャップが好き。いつもはギャグ要員で三枚目なキャラな張飛だからこそ、ふと浮かぶ哀愁が映えますよね。

私の勝手な妄想ですが、張飛がお調子者キャラなのは自身の気質の他に主人公のせいっていうのもあると思うんですよ。鈍感な主人公のそばに居続けるためには馬鹿でどうしようもない弟分でいないといけないと、張飛は無意識に悟っているのではないかと。私がそう思ってしまったのは、張飛が主人公の気持ちを慮る場面が多かったからです。

「オレが出来ることは姉貴がやりたいことをやれるよーに後押しすることと、やるって決まったら全力で姉貴と一緒にやるだけなんだぜ」


と言って、張飛は主人公が抑えようとしている感情的な部分を全肯定して背中を押してしまう。それもこれも「主人公にとって居心地が良くて都合の良い自分」であろうとするためなのかな、と。しかも、「張飛はいつも私の気持ちを理解してくれる……」と主人公もまんざらではなさそうなので、ますます私の妄想が加速します。張飛は主人公のせいで馬鹿なのだという妄想が!慮って肯定しようとする主人公自体が馬鹿だから張飛は馬鹿なんですよ、きっと。(暴論) でも、そうやって姉の望む弟像を汲みとってその役に収まろうとする弟キャラが好きなので、これはこれでありでした。張飛の馬鹿を受け入れるために私が勝手にでっち上げた妄想でしかないんでしょうけど。
そんな風に主人公の気持ちを優先させて馬鹿をしている張飛が、終盤では段々と自分の都合の良いように誘導していっているように見えるのが面白い。「俺と離れたら姉貴はきっとずっと後悔する」と言い切る張飛こそが主人公の選択肢を奪っているようでした。加えて、自分が誘導した結果の主人公の行動を「姉貴の初めての我儘」と嬉しがっているのでどうしようもない。でも、そうやっていつの間にか弟分と立場が逆転しているっていう展開は大好きなので良し。

という感じで、主人公と張飛の姉と弟という関係性に萌えたからこそ、別にこの問題に戦争を絡めなくても良いのではないかと思いました。シナリオ全否定。戦をシナリオに盛り込まなくても充分に萌える、というかむしろ戦を入れたからこそ張飛ルートは萎えたというべきか。張飛が嫉妬で行動する度に事態が悪化していくという苦しい展開の連続には頭が痛くなりました。あちゃー。しかも、みんなそんな張飛の失態を許すんですよね……。徐州を空けた時には一体どれだけの人が犠牲になったのか。「オレを殴ってくれ!」と言う張飛を本当に一発殴っただけで許してしまう和やかなイベントは正直理解出来ませんでした。その直前、呂布に嬲り殺された住人たちの悲痛な叫びを聞いているだけ余計に。
最後は曹操に一騎打ちを申し込むなど一応張飛も男を見せてくれますが、徐州での失態を塗り替える程のものではなく……。「苦難を乗り越えて張飛は成長した」みたいに周りが持ち上げる言葉にも説得力がなく……。終盤はずっと階段を3段飛ばしで駆け登っていくような感じでした。気持ちが全くシナリオに付いて行かない!
それでも、張飛がひとりで曹操軍に立ち向かったことを責める主人公とのやりとりは良かったです。

「ひどいわ……勝手に決めて勝手に行ってしまって……どうして言ってくれなかったの!?」
「姉貴がそれ言う?姉貴が徐州ん時にやったのとまるっきり同じだぜ」


ですよねー!やっぱり、こんな主人公を見て育ったから張飛は馬鹿なんだ……。そして、以前はそんな主人公に追従していた張飛が、今度は逆に主人公を言い包めている姿には成長を感じられて感慨深かったです。弟の成長……。

しかし、張飛ルートは曹操が非常に不憫でしたね!困った時には援軍を頼むくせに都合が悪くなると交換条件を反古するとか、猫族は本当に義に厚い……のか?それにしても、数万の兵を引き連れて猫を追いかける曹操様が面白過ぎた。

そんな感じで、細かく見ると騙されやすさやら猪突猛進っぷりにやらに頭を抱えたくなるんですけど、全体的に捉えると好きな題材を扱ってくれていて「意外と悪くないかも……?」と思える張飛ルートでした。私が弟キャラに弱いおかげで何とか乗り切れた感。

十三支演義~偃月三国伝~ 趙雲

趙雲
180_150_cyoun.jpg

髪を下した趙雲の立ち絵が好きです。戦闘で長髪キャラの髪が乱れるのって美味しい。

完全完璧イケメン。しかも愛馬が白馬という、まさに王子様。他のルートで「趙雲がいなければ解決しなかったのでは……」と思ってしまうような大活躍ばかりしてくれる彼は、自分のルートでも歪みねぇイケメンっぷりを発揮してくれました。イケメンスゲー!
早い段階でデレてくれ、街中でも戦場でも突如口説きだす天然たらしな趙雲の甘い言葉を楽しむのがこのルートの醍醐味。しかし、そうとは分かっていても、あまりの照れくささに私は前半ずっと背中がむずがゆかったです。こう臆面もなくデレられると恥ずかしい……。
特に、趙雲と離れることを寂しがる主人公への台詞は破壊力抜群でした。

「俺はちゃんとお前の口から聞きたいんだよ」
「言ってごらん。俺と離れるとどうなるんだ?ん?」


「ん?」がヤバい。「ん?」が。天然たらしって怖いですよね。そして、あまり照れない主人公も趙雲の前では形無しで、ただの1人の女の子と化してしまうのが凄い。でも、主人公に「年頃の女の子らしく、戦とは無縁な暮らしをして欲しい」と願う趙雲だからこそ、出来ることなんだろうな。
戦うヒロインである主人公に「戦わないで良い」と言ってくれるキャラは1人くらいいるんだろうとは思ってましたが、それが趙雲なのには納得しました。この考えは趙雲の性格からくるものなんでしょうが、彼自身の立場も関係していると思うんですよね。猫族ではなく他に帰る国のある趙雲だからこそ、主人公が戦うことを望まない。そういうところもまた趙雲の魅力だよな~。主人公とは一歩離れた位置にいるからこそ、「俺が守るよ」と言える。加えて、その願いは自分の身勝手からだと認める素直さも良かったです。

そして、趙雲の「主人公を守りたい、彼女には穏やかな暮らしを送って欲しい」という願いが彼自身を追い詰めていくという展開が素晴らしい。主人公が父親との絆を取り戻すこともまた趙雲の願いだったのに、それが身分差を生み趙雲を苦しめる。猫族への差別は持たなかったのに対し、身分差からは逃れられない趙雲の性根の真っ直ぐさが良いですよね。それだけ趙雲にとって公孫賛への忠義は厚いわけで。
公孫賛の遺言が趙雲の苦悩をさらに加速させていくのが萌えなんですけど、もうこれはただの呪いの言葉では……?と思ってしまいました。娘の将来を心配する親心からくるものだから余計に性質が悪い。公孫賛に悪意が全くないところが怖かったです。しかも、公孫賛は善き領主、善き父親として描かれているからますます怖さが増しまし。悪意がないからこそ趙雲はこの言葉に縛られてしまったというべきか。
しかし、公孫賛の呪いから解き放たれるためには開き直るしかないってのが何とも。死人に口なしなので仕方がないということは分かっているんですけど。でも、この時の叱咤激励する張飛は格好良かったし、主人公の父親代わりである世平おじさんの言葉で趙雲が立ち直るってのも感慨深かったです。世平おじさんは主人公の母親のことを想っていたんだろうな……。

主人公の出生の秘密が明らかになった途端に袁紹がしゃしゃり出てくるのは予想していたんですが、まさか曹操様も加わって求婚合戦を始めるとは思いませんでした。「お前の唯一の味方は俺だけだ!」と急に主人公に執着し始める曹操様が恐ろしい。
ちなみに主人公を抱きしめる袁紹を趙雲が目撃するスチルにはめっちゃ萌えました。袁紹の小物っぷりが良いし、趙雲みたいな真面目な人が苦悩する姿を見るのが本当に好きです。綺麗な顔を歪めてドロドロとした感情でどうにかなりそうになる様は眼福。

趙雲ルートはとにかく「すれ違い美味しい!!!」に限りますね。中盤までのイチャイチャっぷりからの落差には凄く楽しませてもらいました。実は嫉妬深いところも良いと思います。やっぱり、主人公の服は胸元が開き過ぎですよね!私もずっと気になってました!